算数、できる子とできない子のどっちが危ない?

 

過激なタイトルで始まる今回の話題

 

日頃から「なんでもっと早くから来てくれなかったんだろう」と

テンプレのように思いながら指導して

 

気になっていることをつらつらと

 

 

 

危険なのは小学校の算数が問題ない子

小学校の段階で算数がそこそこできる子は、おそらく安房高校などの大学進学校へ進むことになるでしょう。

 

大学進学するということは、勉強できる子たちのなかでの競争を意味します。

 

そんななかで算数数学ができないと理系の道はもちろんのこと、文系も経済学を始めとした分野に進むことが難しくなります

 

 

 

学校での問題演習が圧倒的に少ない現状

小学校ではおそらく算数ができない子に合わせた授業が展開されていますので授業中に解く問題量は少なく、難易度は低くなりがちです

 

しかも小学校の授業は算数以外にもたくさんやらなければならいことがあります

 

算数の教科書にある内容を丁寧に学習するだけでも十二分に力をつけることはできます

 

しかしこれをデキている人はホント少ないですね…

 

 

  

学力は中学受験で…でも田舎は…

そんななかある意味で学力向上に役立っている?のが中学受験です

 

高学年になれば中学受験のための進学塾に通う子が多くなり

 

学校の勉強の先の先をやってしまうので

 

そんな学校のテストぐらいで満点をとってもなんとも思わない

 

むしろ月例テストの成績で一喜一憂する(のは親が多い?)

 

だからこそ向上が望めるのですが

 

田舎には中学受験というものが実質的に存在しない…

 

 

 

中学受験がなくても算数をたくさんやるには

王道は「好きこそものの上手なれ」です

 

好きだからこそたくさんやる、というのは理想的

 

ですが現実はほとんどの人がやれてない

 

つまり好きではないのであまりやらないのです

 

どうやったら好きになるのか?

 

それは算数に触れる機会を多くすること

 

日々算数のの問題を解き続けることです

 

 

そのためには

 

無理しすぎず、かつ飽きない難易度でやるのが

 

算数の問題を解くことを継続させる秘訣です

 

(これは算数に限ったことではありませんが)

 

シフト進学ゼミではそれぞれの子に合わせた

伸ばす難易度での教材選択

および問題演習量を提供いたします

 

 

 

大学入試で数学を挫折しないようにするには

まずは小学校の段階で算数や数学に対する作法を身に着けてください。

 

まともな塾でちゃんと勉強していたらできるようになるはずです。

 

作法とはなにか、という話は長くなりますのでまた別の機会にでも