私立中学生も通ってます

公立中学生だけではないシフト生

シフト進学ゼミに通っている中学生に、志学館中等部や翔凜中学校に通っているシフト生もいます。学校の授業進度が公立中学校とは違ったりするので、一斉指導ではなく個別指導を受講するのがほとんどです。

各私立中学校の学習進行による違い(数学)

志学館中等部

  数学は公立中学校と余り変わりありません。きっちりとやるべき時期に教科書通りしっかりと授業しています。むしろ公立中学以上に学習指導要領どおりに進めているくらいです(公立中学は学生の学力差が大きいのでなかなか予定通り終わらせるのは厳しいのでしょう)。3年次は12月までに中3の内容を終わらせて(内部生も高校入試を受ける影響でしょうか)1月以降は高校1年の数学を予習しています。

翔凜中学校

  中高一貫校用の教科書を使って、2年間で中学校の内容を終わらせてしまいます。3年次は高校1年生の数学を終わらせます。

シフト進学ゼミが私立中学の定期考査対策に定評がある理由

 シフト進学ゼミの中学部で担当している講師は全員高校生の授業も担当しています。よって場当たり的ではない、小学生から大学生にわたる一貫性をもった学習指導を通して無理のない学力アップを図っております。

 また定期テストで出題される応用問題も難関高校への受験指導をメインとするシフト進学ゼミにとっては相性のよいものです。

公立中学生との接点としてのシフト進学ゼミ

シフト進学ゼミに通っている私立中学生も公立中学生と同じ模擬試験を受験してもらい、現在の実力を把握してもらっています。また長期休業中には個別指導ではなく一斉指導を受講して既習範囲の応用力を養成するシフト生もいます。

こうやって普段は学校の授業に集中してもらうようサポートする一方で、一呼吸置いたときに過ぎる不安を解消する役目も担っています。